不動産所得 確定申告手続きガイド 手続きのお問い合わせは06-6121-6103

確定申告の手続き | 不動産所得確定申告手続きガイド

確定申告 手続き TOPページ 確定申告 手続き サイトマップ 確定申告 手続き お問い合わせ
確定申告について
確定申告用語の説明
不動産所得についてよくあるご質問
不動産賃貸オーナー様(アパート・マンション経営者)向けサービスのご案内
インフォメーション
インフォメーション
 

確定申告の手続き

手続きについて
確定申告手続き
 
確定申告手続きの概要
所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続きです。
 
確定申告手続きをする必要のある人
その年分の所得金額の合計額が所得控除額を超える場合で、その超える額に対する税額が、 配当控除額と年末調整の住宅借入金等特別控除額の合計額を超える人は、原則として確定申告をしなければなりません。 しかし、給与所得につき年末調整を受けた人で給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下である人等、一定の場合には確定申告の手続きをしなくてもよいことになっています。
 
確定申告の手続きをする場合に使用する申告書の種類
(1) 申告書A
  給与所得や年金などの雑所得、配当所得、一時所得のみで、予定納税額のない方が使用する申告書です。
(2) 申告書B
  種類にかかわらず、どなたでも使用できる申告書です。
 
所得税のしくみ
 
所得税は、個人の所得に対してかかる税金で、一年間のすべての所得から所得控除を差し引いた残りの課税所得に税率を適用し税額を計算します。
 
  すべての所得
 

所得は、その性質によって10種類に分けられ、それぞれの所得について、収入や必要経 費の範囲あるいは所得の計算方法が定められています。

 
利子 配当 不動産
事業 給与 退職
山林 譲渡 一時
   
 
  控除を差し引いた残りの課税所得
 

課税所得金額は、その方の1月1日から12月31日までの一年間のすべての所得から控除額を引いて算出します。
所得控除とは、扶養家族が何人いるかなどの個人的な事情を加味して税負担を調整するもので14種類があります。

 
雑損 医療費 社会保険料
小規模企業共済等掛金 生命保険 地震保険料
寄付金 障害者 寡婦控除・寡夫
勤労学生 配偶者 配偶者特別
扶養(特定扶養) 基礎  
 
  税額の計算
 

税額は、課税所得金額に下記の税率を適用して計算します。

 
課税される所得金額
税 率
控除額
1,000 〜 1,949,000円まで
5%
0円
1,950,000 〜 3,299,000円まで
10%
97,500円
3,300,000 〜 6,949,000円まで
20%
427,500円
6,950,000 〜 8,999,000円まで
23%
636,000円
9,000,000 〜 17,999,000円まで
33%
1,536,000円
18,000,000円以上
40%
2,796,000円
 
計算例   … 課税所得金額が 6,500,000円の方の場合
 
6,500,000 x 20% - 427,500 = 872,500円
  課税所得が多くなれば、適用される税率が上がり、手取りが減るというのではなく、
課税所得を下記のように税率ごとに分解し税率が適用されます。
 
6,500,000円
  A. 1,950,000x 5% = 97,500円
B. 1,350,000x10% = 135,000円
C. 3,200,000x20% = 640,000円
A+B+C = 872,500円
 
  確定申告時の申告納税額の計算
 
申告納税額は、所得税額から配当控除、住宅借入金等特別控除、電子証明書等
特別控除、源泉徴収税額などを差し引いて計算します。
 
お電話でのお問い合わせは06-6121-6103 受付時間9時から18時 お気軽にご相談下さい。
 
不動産所得 確定申告手続きガイドTOP会社概要お問い合わせプライバシーポリシー
copyright © CHUO Accounts-office All rights reserved.